アメリカンワッフルとバタートップ

b0170264_8172776.jpg

今月のパン教室では、アメリカンワッフルとバタートップを習いました。
バタートップはかなりリッチで、スライスしたらそのまま美味しくいただけます。

右にスタイルの良い、美しい手の女性がワッフルを包んでおいでますのは先生です。
ワッフルはほのかに温かいうちに、アルミハクで包み、冷凍するのがよいそうです。

食べる時はそのままオーブントースターで焼くと美味しいそうです。
b0170264_8234525.jpg

ワッフルの生地を焼き型に流しいれてます。
トロトロの生地で、焼き上がるとフワフワの口当たりに仕上がります。

ワッフルを半分に切って、イチゴとアイスクリームをデコレーションして、カスピカイヨーグルトとハチミツをふりかけて仕上げてありあます。

外に干しっぱなしの、干し柿の一部と出しておいた古いみかんが、消えてるとKANが言います。
干し柿ですが、昨年遅い時期(12月)に干したのが不出来で、いまだに干したままなんです。

みかんは、皮を剥いて中味だけ消えてます。
干し柿は紐から外して、足元に柿のヘタが落ちてます。
どうやら、甘いのを選んで食べてるんですよ。

食べた人(?)は猿ですね~~
お猿さんに聞きたいのですが、どうやって”甘い干し柿と渋い干し柿”の区別をつけるのかしら。

私は食べてみないと渋いのか、甘いのか、見当がつきませんのに。

今日も味をしめて、猿の訪問があるのでしょうか。
留守に来るのだから、来てもいいのですが、住宅地ですので人様に怪我があってはいけません。

残りの柿を撤去して、他にエサになりそうなものも撤去しなくては。

こうして、人間がうかつに出したものをエサと思い込み住宅地を徘徊する野生動物を危険視しるようになりますね。
猿に聞いたらきっと”言い分”があるはずです。

猿の幸せのために、お庭廻りはかたづけなくては。
[PR]
by hanakaidou6 | 2010-01-27 08:41 | ひとときのたのしみ


自然を愛して、二人であちこち出かける老夫婦の暮らしを綴ってまいります。HNは夫がkan、私はcocoaと申します。


by hanakaidou6

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
おうちご飯
くらし
孫のこと
おでかけ
ひとときのたのしみ
お友達
習い事
野鳥
プロフィール
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...

フォロー中のブログ

メモ帳

ライフログ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧